私の知人に彼とのsexでアフターピルを使用しましたが失敗してしまい子どもができてしまった人がいます。
彼女は今その彼とも結婚していて、一児の母として家事育児と毎日パタパタしているそうです。

彼女はsex中にコンドームが破損していることに気づいたそうです。それが挿入時だったこともありsexの後に産婦人科でアフターピルを処方してもらいました。ですが失敗してしまい授かってしまいました。
授かった後に心配になったのがお腹の赤ちゃんへの影響でした。アフターピルを使用していたことでお腹の胎児に影響が出てしまうのではないかと不安で仕方がなかったそうです。子どもを望まずアフターピルを服用してしまったのは私ですが産まれてくる子には元気に健康で産まれてきてほしいと思ったそうです。

アフターピルは女性ホルモンの一種らしく一時的に過剰に摂取してすることで避妊効果があるということでしたが、アフターピルを服用後に出来た子にはそれほど影響がないということが分かり、アフターピルの成分も二日ほどで体からも抜けると言うことで安心しましたそうです。

しばらくして、アフターピルの影響も出ることなく無事に出産をしました。最初は授かったことに対して悩みましたが産まれてきてくれて元気に育ってくれてとても安心しているといっていました。ママと赤ちゃん

アフターピルはsexが終わった後に飲む避妊薬で最後の避妊手段として知られています。アフターピルは女性ホルモンの黄体ホルモンというホルモンで出来ているそうです。このホルモンは妊娠中に大量に分泌されるそうですがアフターピルを服用することによって女性の体を「疑似妊娠」させて卵子の排出を止めるのだとか。それで妊娠を防ぐ効果があるのだそうです。私も最終手段として使用しましたが二人目を授かりました。女性ホルモンで妊娠期間中に出るということで胎児にとって大きな影響が出なかったのでしょうか。

それはわかりませんが、無事に産まれてきてくれて本当に良かったです。